0120-897-660 10:00~18:00(水曜日定休日)

無料査定・お問合せ

鳴門タチパターンジギング

ホーム > 社長ブログ > 趣味と日常 > 鳴門タチパターンジギング

鳴門タチパターンジギング

この2日3日、相当な寒さになってきましたね。 それでも負けないアングラー5人組(TUさん、Nさん、TOさん、ジョリ山先生そして私)で、先日鳴門までジギングに行ってきました。 なんと、この日の最低気温は2℃!! ですが1か月ぶりの釣りなので、期待が膨らみます! タイトルにあるタチパターンとは、ブリやサワラが幼魚の太刀魚を餌にしているので、それに似せた鉛のジグ(ルアー)で釣る方法のことです。
さて、画像を見てください。 皆さん防寒は完璧ですが、向かって左側のジョリ山先生。 この姿でコンビニに行けば間違いなく捕まります(^_^;) Nさんは一応ぼかしを入れましたが、先生は入れる必要もない武装・・。 というよりどこぞの国の密漁船に間違われそうないでたちでした。
そして結果は・・・ あまり言いたくないのですが、私はサゴシ(サワラの幼魚)1匹のみ。 サワラもかけたのですが、残り1mでバレてしまいました(;_:) トップはTOさんメジロ2匹、大ハマチ1匹。 ジョリ山先生サワラ1匹、メジロ1匹。 Nさんメジロ1匹。 TUさん鯛1匹。 でした・・。 私とTUさんは非常に悔しい思いをしました。 海が極寒なら釣果も極寒です。
そして自宅に戻り、サゴシとTOさんからおすそ分けでいただいた大ハマチで夜遅い夕食です。 帰ってウロコ取りからはじまって捌くのがまた大変なんですよね・・。
で、いつもと変わらない料理ですが、サゴシのタタキが絶品でした(^O^) 今晩は残りで魚ちりの予定です。(追記・これまた絶品でした!) ですがジョリ山先生のサワラやTOさんのメジロは、もっとアブラが乗っていて美味しいやろな~と考えたら、余計悔しくなってきました。 なので、本日TOさんに果たし状の連絡を入れました! 年内か年明けにリベンジ釣行です! 次こそ本命ブリ!頑張ってきます。

一覧に戻る