0120-897-660 10:00~18:00(水曜日定休日)

無料査定・お問合せ

新築一戸建枚方市 レスピラーレ津田駅前 D号地 基礎配筋検査

ホーム > こだわり 家づくりブログ > 工事完了 > 新築一戸建て > レスピラーレ津田駅前D号地 > 新築一戸建枚方市 レスピラーレ津田駅前 D号地 基礎配筋検査

新築一戸建枚方市 レスピラーレ津田駅前 D号地 基礎配筋検査

レスピラーレ津田駅前D号地の基礎配筋検査を紹介致します。 写真が基礎配筋の様子です。 鉄筋の『かぶり厚』を確保するために『サイコロ』とよばれるスペーサーがバランスよく配置されています。
鉄筋コンクリートは、アルカリ性のコンクリートで鉄筋を包むことにより、鉄筋が錆びることを防止しています。 そのため建築基準法で鉄筋を包むコンクリートの厚みを厳密に規定しています。その厚みを『かぶり厚』と呼び、各部位によって異なります。 基礎のかぶり厚(土に接する部分)は60mmとされています。 本件では、『サイコロ』とよばれる厚さ60mmのスペーサーを鉄筋の下に敷くことにより、必要なかぶり厚を確保しています。
べた基礎のスラブ部分の配筋です。 設計図の指示通り、D13(直径13mm)の鉄筋が200ピッチで施工されていることを確認致しました。
こちらは基礎立ち上がり部分の配筋です。 設計図の指示通り、D10(直径10mm)の鉄筋が200ピッチで施工されていることを確認致しました。
同じく基礎立ち上がり部分の配筋です。 上端、下端の横筋のみD13を使用していることを確認致しました。こちらも設計図の指示通りに施工されています。
基礎立ち上がり開口部(人通口)の様子です。 弊社の物件では、1箇所の床下点検口から建物全域が点検できるように、基礎立ち上がりに開口部(人通口)を設けております。
開口部は、他の部分に比べ強度が下がる可能性があるため、全ての開口部周りの鉄筋をD13という太い鉄筋で補強しております。
本件の配筋検査では、とても丁寧に施工されていることが確認できましたが、弊社の検査規定に満たない点が2箇所ありました。 2箇所とも同じ「重ね継ぎ手の寸法不足」です。 鉄筋の長さには限りがあるため、鉄筋を継いで使用します。 その際に継いだ部分の強度が落ちないように、鉄筋の種類や太さ、コンクリートの設計基準強度によって、『重ね継ぎ手』(重ねる長さ)が決められています。 指摘箇所については、テープで巻き設計監理者から現場監督へ伝え、速やかに是正します。 どんなに優れた職人でもミスは必ずあります。 ですから弊社では、職人任せにせず、現場監督、設計管理者、弊社施工担当者とたくさんの「目」で現場をチェックすることによりミスを防止しております。
2015年11月17日 の全景です。

カテゴリー一覧を見る

最新の記事
大阪府枚方市 K様邸(竣工検査)
大阪府枚方市 K様邸(造作工事完了)
大阪府枚方市 K様邸(足場解体前検査)
大阪府枚方市 K様邸(外壁下地、断熱)
大阪府枚方市 K様邸(上棟~中間検査)
カテゴリー
保証とアフターサービスについて
工事完了
進行中
以前の物件情報
その他
アフターフォロー
ハイツ
アーカイブ
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2019年12月
2019年8月
2019年5月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年4月
2018年3月
2018年1月
2017年11月
2017年10月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
  • “レスピラーレシリーズ
  • “全国対応”物件売却のご相談
  • “安心安全”販売物件
  • 無料査定
  • リ・ブレス こだわりの家づくり
  • 安心、安全、リ・ブレスのこだわり家づくりブログ
  • 社長ブログ