0120-897-660 10:00~18:00(水曜日定休日)

無料査定・お問合せ

レスピラーレ走谷B号地(地盤調査・改良工事)

ホーム > こだわり 家づくりブログ > 工事完了 > 新築一戸建て > レスピラーレ走谷B号地 > レスピラーレ走谷B号地(地盤調査・改良工事)

レスピラーレ走谷B号地(地盤調査・改良工事)

レスピラーレ走谷B号地が着工しました。 最初の工程は、地盤調査「スウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)です。 『スウェーデン式サウンディング試験』とは、地盤に対し荷重を50Nから1KNと段階的に増加して、ロッド貫入量を計測し、それ以後はロッドを回転させて半回転ごとの貫入量を計測し、地盤強度の判断材料とする試験です。 計測ポイントは建物の4隅と中心の5つ。 予め印をしたポイントに合わせ、調査を進めていきます。
ロッド先端の写真です。 以前は人力でロッドにつけられたハンドルを回転させて、貫入量の測定を行っていましたが、人力の誤差をなくし、より正確な数値を求めるために、最近ではこのような機械を利用することが一般的です。 50cm以深を調査するため、ロッドを何本も継ぎ足して、深い部分の地耐力を調査していきます。 一定の地耐力のある層(支持層)に到達すると、ロッドが空回りをはじめ、貫入できなくなります。 この一連の調査によって得られた結果を基に、地盤改良の要否を判断します。
地盤調査の結果、家を建てるために必要な地耐力が備わっていないことが判明したため、改良を行うことになりました。 弊社ではソリディ工法という改良方法を採用しております。 従来は、不同沈下を起こした家などを地盤から持ち上げて水平状態に是正するために用いられていた工法です。 この工法では、セメックスA(酸化カルシウム、酸化アルミニウム等)とセメックスB(消石灰、無水石膏)という材料を利用します。 この材料と水を大きなバケツに入れ撹拌し、2種類の薬液を作ります。 薬液は写真のように別々に撹拌します。 というのも、セメックスAとBを混合すると、数秒で固まってしまうからです。
別々に撹拌した薬液を写真の機械で吸い上げます。 薬液はロッド内で初めて混合され、ロッド先端から地中へ放出されます。 写真はロッド先端を地中に沈めている様子です。
この状態で、地中へ薬液を注入していきます。 軟弱層へ薬液が充填されると、逃げ場を失った薬液が地上へ放出されてきます。 セメックスA、Bが混合され硬化したことにより、地中を持ち上げるほどの強度がでています。
薬液に押し上げられ、地割れを起こしている様子です。
2019年10月19日、地盤改良完了後の全景です。

カテゴリー一覧を見る

最新の記事
大阪府枚方市 K様邸(竣工検査)
大阪府枚方市 K様邸(造作工事完了)
大阪府枚方市 K様邸(足場解体前検査)
大阪府枚方市 K様邸(外壁下地、断熱)
大阪府枚方市 K様邸(上棟~中間検査)
カテゴリー
保証とアフターサービスについて
工事完了
進行中
以前の物件情報
その他
アフターフォロー
ハイツ
アーカイブ
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2019年12月
2019年8月
2019年5月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年4月
2018年3月
2018年1月
2017年11月
2017年10月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
  • “レスピラーレシリーズ
  • “全国対応”物件売却のご相談
  • “安心安全”販売物件
  • 無料査定
  • リ・ブレス こだわりの家づくり
  • 安心、安全、リ・ブレスのこだわり家づくりブログ
  • 社長ブログ