0120-897-660 10:00~18:00(水曜日定休日)

無料査定・お問合せ

平等院と寺田屋

ホーム > 社長ブログ > 趣味と日常 > 平等院と寺田屋

平等院と寺田屋

九月某日、結婚記念日だったこともあり、嫁のリクエストで宇治の平等院へ出かけてきました。 私が「小学校の遠足以来やわ~^^」とつぶやくと、 「一回、二人で来たことあるけど<(`^´)>覚えてないの!?」とえらい怒られました。

何年前の話やねん! しかしその思い出の平等院でうちの嫁さん、ありがたい菩薩像等が展示されている鳳翔館を素通り・・。

またしても嫁のこの日の真の目的は、平等院観光ではなく、土産物屋が並ぶ表参道での食べ歩きでした(^_^;) 茶団子に抹茶ソフト、ほうじ茶ゼリーに冷やし飴・・ どれだけ食べるねん! ⇦食べ歩きを前に満面の笑みの嫁。 最近、私に「馬車馬のように働け!」と口癖のように言うので、ジャイアン改めサウザーと心の中で呼んでます。ちなみに私はシュウです。(北斗の拳世代の方ならわかるかと・・)
ただ、私の真の目的も別にありました。 次に向かった先は伏見の史跡、寺田屋です。 寺田屋といえば、龍馬が襲撃されたあの旅館です。 なにを隠そう、私は根っからの幕末オタクなんです。 幕末のうんちくを語らせたらたぶん一日止まりません^^
こちらは龍馬の居室だそうです。 高校の時以来、二度目なんですけど、テンション上がります!!
ますますテンション上がります!! が、幕末史に興味のない嫁は、 「龍馬っていい旅館に泊まってたんやな~。」と、 ちょっとずれた視点で感心していました(-_-;) 余談ですが、今現在も宿泊できるそうです。
そして京都の伏見界隈は酒蔵の町としても有名です。 寺田屋のすぐそばに、月桂冠の旧本社を活用したカフェや、黄桜の記念館等が密集しており、散策も楽しめました。 うちの嫁さん、ここでまた生酒や酒粕をお買い上げです。 どれだけ買うねん! この日は史跡観光のつもりでしたが、土産物の買い出しみたいな一日になってしまいました。 でも帝王サウザー様が楽しそうだったのでよしとしましょう。 私はサウザー様のためにまた毎日馬車馬のように働かなくては・・・泣

一覧に戻る