0120-897-660 10:00~18:00(水曜日定休日)

無料査定・お問合せ

大阪府枚方市 K様邸(外壁下地、断熱)

ホーム > こだわり 家づくりブログ > 工事完了 > 新築一戸建て > 大阪府枚方市 K邸 > 大阪府枚方市 K様邸(外壁下地、断熱)

大阪府枚方市 K様邸(外壁下地、断熱)

こちらの写真は、外壁下地、サイディング施工前の様子です。 白のシートが「透湿防水シート」、雨から家を守る製品です。 上部から流れ伝う雨水を受けないように、下から順にシートを貼りあげていきます。
上側のシートが下側のシートに被さり重ねっていることがわかります。
こちらは壁内を貫通する通気用スリーブです。 防水テープ(黒)を用いて補強しています。
こちらは換気扇のダクトです。 同じく適切に防水テープを用いて補強しています。
こちらは窓廻りです。 少し見難いですが、雨水の浸入する可能性の高いサッシ廻りは、防水テープで補強しています。
黄色矢印の箇所で少し色が変わっていることがわかります。 この部分に防水テープが施されています。
電気配線による壁貫通部です。 しっかりと防水テープで補強されています。
同じく電気配線による貫通部です。 こちらも防水テープで補強されていますが、数本の線を束ねて貫通させる場合、小さな隙間が生じ、互いの線が重なりあうことで、雨水が浸入するレールのようになる可能性があります。 そのような状態になると、新築当初に雨水が浸入することはありませんが、経年劣化により浸入する可能性が高まります。 弊社では、重なり合う線の小さな隙間をコーキングで埋めるようにしています。
こちらは給湯器用の配管です。 やはり管が重なっていますので、コーキングを打設しています。 コーキングで小さな隙間を埋める、このひと手間で、経年劣化による雨水浸入のリスクが少し下がります。
こちらは室内の様子です。 物々しい養生がなされています。
理由はこちら「吹付け硬質ウレタンフォーム断熱材」施工の真っ最中です。 写真は専用のスプレーでウレタンを噴射している様子です。
噴射されたウレタンは急激に膨張します。 膨張したウレタンを壁形状に合わせてカットしていきます。
カット後の様子です。 吹付け硬質ウレタンフォーム断熱材は、弊社の建物で初めて採用しました。 メリットは、グラスウールやロックウールに比べ「施工者の技術によって品質差がでにくい」という事です。 それに対しデメリットは「外壁面のコンセントやスイッチを容易に追加、移設できない」という事が考えられます。 今後も必要に応じて採用していきたいと思います。
2020年5月26日の全景です。

カテゴリー一覧を見る

最新の記事
大阪府枚方市 K様邸(竣工検査)
大阪府枚方市 K様邸(造作工事完了)
大阪府枚方市 K様邸(足場解体前検査)
大阪府枚方市 K様邸(外壁下地、断熱)
大阪府枚方市 K様邸(上棟~中間検査)
カテゴリー
保証とアフターサービスについて
工事完了
進行中
以前の物件情報
その他
アフターフォロー
ハイツ
アーカイブ
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2019年12月
2019年8月
2019年5月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年4月
2018年3月
2018年1月
2017年11月
2017年10月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
  • “レスピラーレシリーズ
  • “全国対応”物件売却のご相談
  • “安心安全”販売物件
  • 無料査定
  • リ・ブレス こだわりの家づくり
  • 安心、安全、リ・ブレスのこだわり家づくりブログ
  • 社長ブログ