0120-897-660 10:00~18:00(水曜日定休日)

無料査定・お問合せ

レスピラーレ走谷D号地 (中間検査)

ホーム > こだわり 家づくりブログ > 工事完了 > 新築一戸建て > レスピラーレ走谷D号地 > レスピラーレ走谷D号地 (中間検査)

レスピラーレ走谷D号地 (中間検査)

2019年1月29日に無事に上棟したレスピラーレ走谷Ⅾ号地の中間検査の様子を紹介します。

中間検査では必要な構造金物が適切に施工されている事を確認していきます。

瑕疵保険会社の方が検査をしている様子です。
余談ですが、すでに確認検査機関の検査は終了しています。

壁に設置された斜材が筋交いです。

筋かいの設置された壁は、「耐力壁」とよばれています。

筋かいを設置した壁の壁倍率(壁の強さを比較するために、標準的な壁を1として、比較する壁がどのくらい強いかを表す指標)は、使用される材の厚みと本数によって異なります。

本件では、4.5×9.0の材を使用しているため、壁倍率は2.0倍(赤囲側)、たすき掛けの場合にはその倍の4.0倍(黄色囲側)ということになります。

筋かいは、地震力や風圧力により建物にかかる水平力に対抗するために設けられる材です。

筋交いの端部は、筋交いプレートという専用金物で緊結します。

柱と基礎の接合のために設置されているホールダウン金物です。
地震時に発生する柱を引き抜こうとする力に対し、抵抗するための金物です。

短冊(たんざく)金物です。

主に胴差相互間の接合に用いられます。

こちらは「火打ち材」です。

小屋組みや床組の隅角部に設置し、水平面の変形を防止するために用いられます。

こちらは、「X-WALL」という鋼製筋交いです。

簡単で大雑把な表現をすると、木製の筋交いが地震力を真っ向から受け止め耐え凌ぐのに対し、「X-WALL」はバネによりしなやかに変形し地震力を受け流すようなイメージです。

耐え凌ぐよりも、受け流す方が地震力の影響を受けにくく、建物に与えるダメージも抑えることができます。

「X-WALL」がメーカーの指定する位置に適切に施工されている事を確認いたしました。

こちらは屋根のルーフィングです。
雨水の浸入を防ぐため、下側から順に貼り重ねられていることを確認致しました。

2階リビングの様子です。

2019年2月4日の全景です。

カテゴリー一覧を見る

最新の記事
大阪府枚方市 K様邸(外壁下地、断熱)
大阪府枚方市 K様邸(上棟~中間検査)
大阪府枚方市 K様邸(立上りコンクリート打設)
大阪府枚方市 K様邸(ベースコンクリート打設)
大阪府枚方市 K様邸(ベース配筋検査)
カテゴリー
保証とアフターサービスについて
工事完了
進行中
以前の物件情報
その他
アフターフォロー
ハイツ
アーカイブ
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2019年12月
2019年8月
2019年5月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年4月
2018年3月
2018年1月
2017年11月
2017年10月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
  • “レスピラーレシリーズ
  • “全国対応”物件売却のご相談
  • “安心安全”販売物件
  • 無料査定
  • リ・ブレス こだわりの家づくり
  • 安心、安全、リ・ブレスのこだわり家づくりブログ
  • 社長ブログ