0120-897-660 10:00~18:00(水曜日定休日)

無料査定・お問合せ

新築一戸建枚方市 レスピラーレ津田駅前B号地 造作工事検査

ホーム > こだわり 家づくりブログ > 工事完了 > 新築一戸建て > レスピラーレ津田駅前B号地 > 新築一戸建枚方市 レスピラーレ津田駅前B号地 造作工事検査

新築一戸建枚方市 レスピラーレ津田駅前B号地 造作工事検査

大工の造作工事完了間近の津田駅前B号地で、設計監理者と共に施工状況の検査を行います。

検査で最も重視する項目のひとつは、建物の傾斜です。
しかし建築基準法では、建物の傾きについて明確に規定がありません。よって傾きが発生した際に是正する必要があるか否かの判断は非常に難しいといえます。

建物傾斜の目安としてよく利用されるのが『住宅紛争処理の参考となるべき技術的基準』<平成十二年七月十九日建設省告示第千六百五十三号>の規定です。

第3 各不具合事象ごとの基準 
1 傾斜(木造住宅の壁又は柱、床)

3/1000未満の勾配   ・・・構造耐力上主要な部分に瑕疵が
              存在する可能性が低い。
3/1000~6/1000の勾配 ・・・構造耐力上主要な部分に瑕疵が
              一定程度存する。
6/1000の勾配     ・・・構造耐力上主要な部分に瑕疵が
              高い。

この規定により、私の所属する協会も含めインスペクション(建物調査・診断)では、6/1000の傾斜を瑕疵の判断目安として採用している団体が多いようです。

弊社の新築住宅では、最も厳しい基準3/1000未満(構造耐力上主要な部分に瑕疵が存在する可能性が低い)を施工誤差の目標値に定め検査を行っています。

検査では、左上の写真にある黒い機材、オートレーザーを利用します。オートレーザーのスイッチを入れると、写真のように縦と横の2本のラインが壁に照射されます。縦のラインが垂直、横のラインが水平をあらわしています。

垂直な縦のラインは、壁や柱の施工精度を、水平な横のラインは、床の施工精度を検査する際に利用します。床は傷や汚れ防止のために養生しているので、この時点では壁(柱)の検査のみを行います。

検査方法は、オートレーザーの縦ラインを壁の入隅・出隅部(角)などに照射し、床から天井までにズレがないかを目視で確認していきます。

この検査を全ての壁、建具、窓で行いましたが、弊社の施工基準を上回る傾斜は見受けられませんでした。

こちらは室内の壁下地となるプラスターボードを固定するビスピッチを計測する様子です。

200mm以下のピッチで固定することになっております。

規定ピッチを超える場所をチェックし是正して頂きます。

同様の方法で天井のビスピッチも確認致しましたが、全て規定値内であることを確認致しました。

次は内装仕上げ工事へ進んでいきます。

カテゴリー一覧を見る

最新の記事
レスピラーレ走谷A号地 (大工工事完了)
レスピラーレ走谷A号地 (断熱工事)
レスピラーレ走谷A号地 (防水工事)
レスピラーレ走谷A号地 (木工事着手)
エスト東園田 
カテゴリー
保証とアフターサービスについて
工事完了
進行中
以前の物件情報
その他
アフターフォロー
ハイツ
アーカイブ
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年4月
2018年3月
2018年1月
2017年11月
2017年10月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
  • “レスピラーレシリーズ
  • “全国対応”物件売却のご相談
  • “安心安全”販売物件
  • 無料査定
  • リ・ブレス こだわりの家づくり
  • 安心、安全、リ・ブレスのこだわり家づくりブログ
  • 社長ブログ