0120-897-660 10:00~18:00(水曜日定休日)

無料査定・お問合せ

新築一戸建枚方市 レスピラーレ津田駅前A号地 深基礎部施工

ホーム > こだわり 家づくりブログ > 工事完了 > 新築一戸建て > レスピラーレ津田駅前A号地 > 新築一戸建枚方市 レスピラーレ津田駅前A号地 深基礎部施工

新築一戸建枚方市 レスピラーレ津田駅前A号地 深基礎部施工

先日、地盤改良が完了した津田A号地もいよいよ本格始動、まず基礎工事の着工です。

造成の関係上、敷地内に法面があるA号地は、基礎の一部を深くする深基礎を採用しました。

図面の赤囲いが深基礎部分です。

写真は、深基礎部分の捨コンクリートです。

捨てコンクリートは構造耐力には影響を与えるものではありません。

基礎の配置を表したラインを記すために打設されるコンクリートで、建築用語で「墨出し」と呼びます。

「捨コン」「墨出し」が完了すると、次は配筋です。

写真は、基礎立上り部分の配筋ピッチの確認を行っている様子です。

図面に記載のとおり、縦・横とも200mmピッチで鉄筋を配置していることを確認致しました。

深基礎部の配筋も問題なく完了し、次は型枠工事に入ります。

写真は、基礎立上り部の型枠を組んだ様子です。この型枠にコンクリートを流し込んでいきます。

ここで大切なチェックポイントは、立上り部の「かぶり厚」の確認です。

「かぶり厚」とは、アルカリ性のコンクリートで鉄筋を包むことにより、鉄筋が錆びることを防止しているため、建築基準法で鉄筋を包むコンクリートの厚みを厳密に規定しています。その厚みを『かぶり厚』と呼び、各部位によってその厚みは異なり、基礎の立上り部のかぶり厚は40mmとされています。

おっと、かぶり厚が40mm以上確保されていません。

一部の鉄筋が型枠に接するくらい一方向へ寄っています。

これは、問題です。
すぐに建築会社へ是正依頼をしました。

こちらが是正後の様子です。

鉄筋と型枠の距離がしっかりと確保されていることが解ります。

他の箇所もドーナッツと呼ばれるスペーサーを使用し、しっかりとかぶり厚が確保されました。

これで安心してコンクリートの打設ができます。

弊社の分譲物件では、設計監理者、工務店の現場監督、そして自社の担当者の3名でしっかりと現場を管理しております。

だからこそ、今回のような重大なミスを事前に防止することができます。

カテゴリー一覧を見る

最新の記事
レスピラーレ走谷A号地 (大工工事完了)
レスピラーレ走谷A号地 (断熱工事)
レスピラーレ走谷A号地 (防水工事)
レスピラーレ走谷A号地 (木工事着手)
エスト東園田 
カテゴリー
保証とアフターサービスについて
工事完了
進行中
以前の物件情報
その他
アフターフォロー
ハイツ
アーカイブ
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年4月
2018年3月
2018年1月
2017年11月
2017年10月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
  • “レスピラーレシリーズ
  • “全国対応”物件売却のご相談
  • “安心安全”販売物件
  • 無料査定
  • リ・ブレス こだわりの家づくり
  • 安心、安全、リ・ブレスのこだわり家づくりブログ
  • 社長ブログ