0120-897-660 10:00~18:00(水曜日定休日)

無料査定・お問合せ

新築一戸建宝塚市 レスピラーレ仁川高丸B号地 基礎配筋

ホーム > こだわり 家づくりブログ > 工事完了 > 新築一戸建て > レスピラーレ仁川髙丸B号地 > 新築一戸建宝塚市 レスピラーレ仁川高丸B号地 基礎配筋

新築一戸建宝塚市 レスピラーレ仁川高丸B号地 基礎配筋

打設した捨てコンクリートが乾燥した様子です。

先日も記載致しましたが、捨てコンクリートは構造耐力には影響を与えるものではありません。
しかしこの時点で丁寧な施工をしていなければ、次の重要な工程に影響を与えますので、とても大切な意味を持ちます。

本件では、掘方捨コンとも丁寧に施工されていることが解ります。

写真では少し確認しずらいですが、コンクリートの上に黒のラインが引かれています。
これは基礎の配置を表したラインで、建築用語では「墨出し」と呼びます。

先程のラインを基に、鉄筋を組んでいきます。

鉄筋が組み上がったら、配筋検査を行っていきます。

こちらは基礎のかぶり厚を確認している様子です。

アルカリ性のコンクリートで鉄筋を包むことにより、鉄筋が錆びることを防止しているため、建築基準法で鉄筋を包むコンクリートの厚みを厳密に規定しています。その厚みを『かぶり厚』と呼び、各部位によってその厚みは異なります。
基礎のかぶり厚(土に接する部分)は60mmとされています。

本件では、『サイコロ』とよばれる厚さ60mmのスペーサーを鉄筋の下に敷くことにより、必要なかぶり厚を確保しています。

こちらは鉄筋のピッチを確認している様子です。

図面に記載のとおり、縦・横とも200mmピッチで鉄筋を配置していることを確認致しました。

隅部(コーナー)鉄筋の重複寸法を確認している様子です。
これを建築用語では、「重ね継手」と呼びます。

構造的に鉄筋の継手部分は弱くなるため、重ね継手の寸法も設計上で「40d」と厳密に定めております。
「d」とは鉄筋の太さの記号です。

写真の鉄筋は、D13(13mm)の鉄筋のため、40×13mm=520mmとなります。

重ね継手が520mm以上確保されていることを確認致しました。

特に荷重の掛かることが想定される隅部には、補強の鉄筋を斜に配置し、コンクリートを厚く打設し強度を増す「ハンチ」を設ける設計を採用しております。

建築施工ミスを無くすための方法の一つとして、多くの人の目で現場をチェックすることが重要です。

弊社の配筋検査では、まず施工者が確認した後、現場監督、設計監理者、瑕疵保険検査員、売主工務担当者の目でチェックを致します。

これだけ多くの目でチェックすることにより、ミスを無くすだけでなく、現場に独特の緊張感が生れ、良い結果を招いております。

平成27年9月18日の全景です。

カテゴリー一覧を見る

最新の記事
レスピラーレ走谷A号地 (大工工事完了)
レスピラーレ走谷A号地 (断熱工事)
レスピラーレ走谷A号地 (防水工事)
レスピラーレ走谷A号地 (木工事着手)
エスト東園田 
カテゴリー
保証とアフターサービスについて
工事完了
進行中
以前の物件情報
その他
アフターフォロー
ハイツ
アーカイブ
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年4月
2018年3月
2018年1月
2017年11月
2017年10月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
  • “レスピラーレシリーズ
  • “全国対応”物件売却のご相談
  • “安心安全”販売物件
  • 無料査定
  • リ・ブレス こだわりの家づくり
  • 安心、安全、リ・ブレスのこだわり家づくりブログ
  • 社長ブログ