0120-897-660 10:00~18:00(水曜日定休日)

無料査定・お問合せ

新築一戸建宝塚市 レスピラーレ仁川高丸 断熱工事 (その2)

ホーム > こだわり 家づくりブログ > 工事完了 > 新築一戸建て > レスピラーレ仁川高丸 > 新築一戸建宝塚市 レスピラーレ仁川高丸 断熱工事 (その2)

新築一戸建宝塚市 レスピラーレ仁川高丸 断熱工事 (その2)

左写真は1階の天井に施された断熱材です。 実は、この部分の断熱材の入れ忘れが多発しています。

2階に部屋がある場合、1階の天井は直接外気に触れることはないため、断熱する必要はありません。

しかし左のイラストのように、1階の天井部分に2階のバルコニーが乗っている場合、1階の天井の一部が外気に触れるため断熱材が必要になります。

断熱材は一部でも抜けてしまうと、そこから外気温の影響を受けてしまい、快適な室内環境を保つことができません。

リビング・ダイニング・キッチンの3箇所に施された床暖房(ガス)です。

最近は、建物のコストダウンを計り、床暖房を設置していない住宅もあるようですが、部屋を暖める際に水蒸気が発生しない床暖房は、結露対策や内部結露防止に有効な設備といえます。

こちらは主題の「断熱工事」ではありませんが、2階の床下地の様子です。

24mmの床合板の上にプラスターボード9.5mmを施工しています。
フローリングと床合板の間にプラスターボードを張ることで、床の遮音性が向上します。

2014年11月20日の全景です。

カテゴリー一覧を見る

最新の記事
レスピラーレ走谷A号地 (大工工事完了)
レスピラーレ走谷A号地 (断熱工事)
レスピラーレ走谷A号地 (防水工事)
レスピラーレ走谷A号地 (木工事着手)
エスト東園田 
カテゴリー
保証とアフターサービスについて
工事完了
進行中
以前の物件情報
その他
アフターフォロー
ハイツ
アーカイブ
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年4月
2018年3月
2018年1月
2017年11月
2017年10月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
  • “レスピラーレシリーズ
  • “全国対応”物件売却のご相談
  • “安心安全”販売物件
  • 無料査定
  • リ・ブレス こだわりの家づくり
  • 安心、安全、リ・ブレスのこだわり家づくりブログ
  • 社長ブログ