0120-897-660 10:00~18:00(水曜日定休日)

無料査定・お問合せ

新築一戸建宝塚市 レスピラーレ仁川高丸 上棟

ホーム > こだわり 家づくりブログ > 工事完了 > 新築一戸建て > レスピラーレ仁川高丸 > 新築一戸建宝塚市 レスピラーレ仁川高丸 上棟

新築一戸建宝塚市 レスピラーレ仁川高丸 上棟

レスピラーレ仁川高丸の木工事が始まりました。

写真は、木工事の最初に行われる「土台敷き」と言われる工程で、先日施工した基礎の上に土台を設置している様子です。

土台はアンカーボルトにナットを取り付けて固定していきますが、アンカーボルトの位置が基礎中心からずれていると叩いて曲げたり、土台の端部に穴を開け強引に固定するなどの措置を講じなければなりません。

しかし本件の基礎は、アンカーボルトが基礎中央に正確に設置されている(参照:2014/10/14 基礎立上りコンクリート打設)ため、アンカーボルトにも土台にもストレスをかけずに固定することができます。

こちらは土台と基礎の間に設置された「基礎パッキン」です。

土台と基礎の間に基礎パッキンを挟むことにより生じる隙間が換気孔となり、床下の通気性を高め湿気の少ない良好な状態に保ちます。

こちらは大引きと鋼製束を設置した様子です。

建築について良くご存知の方は、基礎の高さに驚かれたかもしれません。本件では敷地の関係から、基礎の立上りを通常よりも高く設計しています。

基礎を高くすると建築コストは上がりますが、床下が広くなるため将来必要となる維持管理が行いやすいという利点があります。

こちらは床に施す断熱材です。

本件の断熱性能は「省エネルギー対策等級4」を採用しているため、一般的な住宅より密度が高く厚い断熱材を使用しております。

断熱材に貼られた『F☆☆☆☆』のマークは、ホルムアルデヒド対策品である証です。

土台敷きが完了したら、次の工程は「建て方」です。

写真のようにクレーンで材料を吊り上げ、柱や梁を組み上げていきます。

家造りで現場が最も賑やかになる一日です。

こちらが2014年10月28日の全景です。

無事に棟が上がりました。

カテゴリー一覧を見る

最新の記事
レスピラーレ走谷A号地 (大工工事完了)
レスピラーレ走谷A号地 (断熱工事)
レスピラーレ走谷A号地 (防水工事)
レスピラーレ走谷A号地 (木工事着手)
エスト東園田 
カテゴリー
保証とアフターサービスについて
工事完了
進行中
以前の物件情報
その他
アフターフォロー
ハイツ
アーカイブ
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年4月
2018年3月
2018年1月
2017年11月
2017年10月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
  • “レスピラーレシリーズ
  • “全国対応”物件売却のご相談
  • “安心安全”販売物件
  • 無料査定
  • リ・ブレス こだわりの家づくり
  • 安心、安全、リ・ブレスのこだわり家づくりブログ
  • 社長ブログ