0120-897-660 10:00~18:00(水曜日定休日)

無料査定・お問合せ

ハイツ

ホーム > こだわり 家づくりブログ > ハイツ

新築ハイツ アリシア畑原通 造作完了検査

大工の造作工事完了しました。そこで施工状況の検査を行います。 検査で最も重視する項目のひとつは、建物の傾斜です。 しかし建築基準法では、建物の傾きについて明確に規定がありません。よって傾きが発生した際に是正する必要があるか否かの判断は非常に難しいといえます。 建物傾斜の目安としてよく利用されるのが『住宅紛争処理の参考となるべき技術的基準』<平成十二年七月十九日建設省告示第千六百五十三号>の規定です。 第3 各不具合事象ごとの基準  1 傾斜(木造住宅の壁又は柱、床) 3/1000未満の勾配   ・・・構造耐力上主要な部分に瑕疵が               存在する可能性が低い。 3/1000~6/1000の勾配 ・・・構造耐力上主...

この記事の詳細を見る

新築ハイツ アリシア畑原通 足場解体前検査

サイディングの施工も終わり、いよいよ足場解体です。 万一、外壁等に施工不良があったとしても、足場を解体してしまうと確認ができなかったり、確認ができても是正が困難になります。 そのため弊社の物件では、足場解体前に外壁等に施工不良やミスがないかを確認致します。 ...

この記事の詳細を見る

新築ハイツ アリシア畑原通 断熱検査

断熱工事の様子を紹介致します。 適切な断熱施工がされた住宅は、外気温の影響を受けにくい室内環境を保つことができます。それにより住む方にとっての「快適性」は勿論、無駄な冷暖房費を抑える「省エネ」にも大きく影響します。 逆に断熱施工が不充分な住宅では、外気温の影響を受けやすいため、「夏暑く、冬寒い」環境となります。当然冷暖房費は高くなり、且つ壁面で温度差が生じるため結露やカビが発生する可能性が高まり、最悪の場合には住む方の健康面を損なう恐れもあります。 ...

この記事の詳細を見る

新築ハイツ アリシア畑原通 防水検査

雨水の浸入を防ぐために重要なサイデイング下地の検査です。 写真は、防水シートの上に木材「胴縁」が施工されている様子です。 この胴縁を取付て外壁内に通気層を設けることにより、壁面内部で発生する結露(内部結露)を防止します。 ...

この記事の詳細を見る

新築ハイツ神戸市 (仮称)灘区畑原ハイツ 上棟

弊社が建築する初めてハイツが上棟しました。 1階部分の梁まで組みあがった時の写真です。 ...

この記事の詳細を見る

新築ハイツ神戸市 (仮称)灘区畑原ハイツ 着工

弊社で施工する初めての共同住宅が着工しました。 写真は掘削が完了し防湿シートの施工が完了した状態です。 防湿シートを施工することで、建物内への湿気の流入を防いでいます。 ...

この記事の詳細を見る

最新の記事
レスピラーレ走谷A号地 (大工工事完了)
レスピラーレ走谷A号地 (断熱工事)
レスピラーレ走谷A号地 (防水工事)
レスピラーレ走谷A号地 (木工事着手)
エスト東園田 
カテゴリー
保証とアフターサービスについて
工事完了
進行中
以前の物件情報
その他
アフターフォロー
ハイツ
アーカイブ
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年4月
2018年3月
2018年1月
2017年11月
2017年10月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
  • “レスピラーレシリーズ
  • “全国対応”物件売却のご相談
  • “安心安全”販売物件
  • 無料査定
  • リ・ブレス こだわりの家づくり
  • 安心、安全、リ・ブレスのこだわり家づくりブログ
  • 社長ブログ