0120-897-660 10:00~18:00(水曜日定休日)

無料査定・お問合せ

壁、床の傾き調査に「ビー玉?」

ホーム > こだわり 家づくりブログ > その他 > 壁、床の傾き調査に「ビー玉?」

壁、床の傾き調査に「ビー玉?」

私は、「日本インスペクターズ協会」という建物の検査をする団体に所属しているのですが、最近は関西圏でも「インスペクション(建物調査)」の依頼が増加傾向にあるようです。 左の写真の機材は、オートレーザーと呼ばれるもので、インスペクションの際に、建物の傾きを確認するために利用されています。 機材のスイッチを入れると、壁に水平、垂直ラインが照射されます。そのラインを基に、調査を行っていきます。(詳細は、2014/12/13付けブログに掲載) 「壁はまっすぐ建っているもの」と思われがちですが、新築、中古に関わらず、この機材を利用して調査してみると、規準を超える傾きがある物件は少なくありません。

誰もがオートレーザーで建物確認後に購入できれば、傾いた家を購入せずに済むのですが、高額な製品ですし、機材に慣れるまで時間もかかるため現実的ではありません。

もし不動産購入時に、ご自身で家の傾きを調べたいと思われるのであれば、「水平器」をお勧め致します。

この機材は、床に置くだけでOK。
中央の水泡が真ん中にあれば水平と判断できます。

全体のバランスもありますので一概には言えませんが、水泡が2本目の線を超えると、少し注意をして対応した方が良い傾斜と思われます。

ちなみに、「ビー玉」を勧められることがありますが、あまり意味がありません。

「ビー玉」では、傾きの大きさを確認することができませんし、風などの影響を受ける可能性もあります。

最近の分譲マンションでは、遮音対策のために一般的にL-45等級程度のフローリングを採用していますが、左のイラストのようにフローリング材とスラブの間に「ラバー」と呼ばれれるクッション材(スポンジのような質感)を挟んでいます。
L-45等級のフローリングの上を歩くと、フワフワと床が沈む感覚があります。

その影響により床表面には小さな不陸が発生しているので、『ビー玉が転がる≠傾斜」となります。

カテゴリー一覧を見る

最新の記事
レスピラーレ走谷A号地 (大工工事完了)
レスピラーレ走谷A号地 (断熱工事)
レスピラーレ走谷A号地 (防水工事)
レスピラーレ走谷A号地 (木工事着手)
エスト東園田 
カテゴリー
保証とアフターサービスについて
工事完了
進行中
以前の物件情報
その他
アフターフォロー
ハイツ
アーカイブ
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年4月
2018年3月
2018年1月
2017年11月
2017年10月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
  • “レスピラーレシリーズ
  • “全国対応”物件売却のご相談
  • “安心安全”販売物件
  • 無料査定
  • リ・ブレス こだわりの家づくり
  • 安心、安全、リ・ブレスのこだわり家づくりブログ
  • 社長ブログ